ボディカル浦和ブログ

ヘバーデン結節肘・手関節の痛み

1

へバーデン結節の症状とは

手指の第一関節の背側に生じたコブ状の隆起(結節)をヘバーデン結節と呼びます

また、水ぶくれのようなものができることもあります(ミューカスシスト)

変形のため指が曲がり、動きが悪くなって強く握ることが困難になり、腫れや痛みを伴うことがあります

自己免疫疾患の関節リウマチと症状が似ていますが、へバーデン結節は変形性関節症の一種であり区別されます。

第二関節に生じた場合はブシャール結節と呼び名称が変わります

2

へバーデン結節の原因とは

原因は不明とされていますが、使い過ぎの他にも、利き手以外の手指にも現れ、更年期の女性が症状を訴えることが多いため、ホルモンバランスの崩れも指摘されています

特にエストロゲンは腱や関節の動きを滑らかにする滑膜の腫れを取る作用があるため、閉経後にエストロゲンが急に出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなるのではと考えられています

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事