ボディカル浦和ブログ

変形性膝関節症膝・足の痛み

1

変形性膝関節症の症状とは?

加齢などを基盤として関節の機能障害をきたす疾患を変形性関節症と呼び、特に膝に起こった場合を変形性膝関節症と呼びます。
関節軟骨の変性や摩耗に伴い、骨棘など骨の増殖性変化が続き、疼痛、腫脹、可動域制限、関節の変形などの症状が生じます。
症状が進行するとO脚やX脚など変形が高度になり、特に膝内側の関節軟骨の摩耗などによるO脚(内反膝)が多い傾向にあります。

2

変形性膝関節症の原因とは

仕事による過度な関節の反復使用や関節を支持する筋肉の筋力低下、肥満などが危険因子となります。
特に、片足に荷重して立つなどの姿勢不良や日常動作の偏りにより、部位ごとの筋肉の柔軟性が変化し、可動域の制限が生まれて動きやすい方向が定まることで、変形が助長されると考えられます。
膝は股関節と足関節の間に挟まれる関節であるため、両関節に問題が生じると影響を受けやすいです。
例えば、可動する役割が主である股関節と足関節の間にある関節であり、安定することが求められますが、両関節に可動域制限が生じると、負荷が集中しながらも過度に動かされることになるため症状が起こる可能性が高まります。

変形性膝関節症記事一覧

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事