ボディカル浦和ブログ

頚椎症頭・首・肩の痛み

1

頚椎症とはどんな症状?

頚椎症(頸椎症)とは、加齢によって椎間板などの頚椎構造に変性が生じ、頚椎を通る神経が圧迫されることで頚部周囲の痛みに可動域の制限、腕や手指にかけての痺れなどさまざまな症状が引き起こされる病気です。
圧迫される場所によって神経根症と脊髄症と名称が分かれ、症状が変わります。
脊柱管と呼ばれる真ん中の太い管を通る神経を脊髄神経と呼び、ここが圧迫されることで症状が出ている場合は頚椎症性脊髄症となります。
脊髄から身体の隅々に向かうために枝分かれした神経が脊柱管から出ていく部分を神経根と呼び、この脊柱管から出ていく穴(椎間孔)付近で圧迫されている場合は頚椎症性神経根症となります。
主な症状としては、首、肩、背中、腕の痛みやしびれ、脱力感、重だるさなどが挙げられ、
神経根症では片側、脊髄症では両側に出現する特徴があります。
また、神経症状が出る前の状態(構造の変化により神経を刺激することで生じる慢性的な首や肩のこりなど)を変形性頚椎症と呼び区別することもあります。
一般的には変形性頚椎症⇒頚椎症性神経根症⇒頚椎症性脊髄症と段階的に進行していくことが多いです。
尚、頸椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中央に位置するゼリー状の髄核と呼ばれる組織が周囲の繊維が損傷することで逸脱し、神経を圧迫するものであり、
椎間板が薄くなるなどして頸椎の構造(骨)が変わり、神経を圧迫する頚椎症とは区別されます。
(症状は似ていますが、原因となる変化した構造物が違うとご理解いただければと思います)

2

頚椎症の原因

スマートフォンやパソコンなどの電子機器を閲覧している時間が多くなっている現代では、画面をのぞき込むように頭を前に出すことで、いわゆるストレートネックの形になり、重い頭部を支えるために、首から肩周囲の筋肉は緊張を強いられます。
元々、頚部の骨は緩やかに前弯(反る)していますが、ストレートネックではこの生理的な曲線が失われるため、骨のラインが直線的に見えます。
ただそのままでは目線がおちてしまうため、前を向くために頚部の上方を過剰に反らして、顎を上げて無理に頭を起こします。
この過剰に反る動きが頚部の関節を狭め神経を圧迫する要因になります。
デスクワーク姿勢の猫背も頭が前に出る強い要因となり、肩甲骨周囲が固まることで、肩甲骨と頚部を繋ぐ筋肉が緊張するため頚部の可動域が狭まり、症状から抜け出すことが難しくなってきます。

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事