ボディカル浦和ブログ

頸椎椎間板ヘルニア頭・首・肩の痛み

1

頸椎椎間板ヘルニアの症状とは

頸椎とは、背骨の特に首の部分を指す用語です。
背骨は積み木のように椎骨と呼ばれる骨がブロックのように積み重なることで構成されています

そのままだと椎骨と椎骨の間の関節に頭の重さや重力といった負荷がかかるため、間にクッションの役割をする椎間板という組織を挟んでいます。
この椎間板の中央に位置するゼリー状の髄核と呼ばれる組織が周囲の繊維が損傷することで逸脱することをヘルニアと呼び、損傷した痛みや、逸脱した組織が神経を圧迫することで手指の痺れや腕の脱力感などの症状が出てきます。

ヘルニアは組織が逸脱した状態を指すため、椎間板が薄くなるなどして頸椎の構造(骨)が変わり、神経を圧迫する頚椎症とは区別されます。

2

頸椎椎間板ヘルニアの原因とは

突然ヘルニアの状態になるわけではなく、時間の経過と共に過剰な負荷により組織が変形していった結果、症状が出現します。

腰痛と同様、髄核が逸脱する前に、椎間板が薄くなり、関節の位置が変位することで動きが変わり、関節や筋肉の負担を強めて緊張させてしまったり、椎間板そのものが損傷することで、張りや痛みといった症状が先駆けて出現することが多いです。

特に現代はスマートフォンやパソコンなど頭の位置が下がって首に負担をかける姿勢が多いのですが、ちょっとした張りや痛みは、お風呂で温めたり寝ることで症状が収まったり、症状そのものに慣れてしまうため、日常の忙しさからケアされることなく放置されて症状がいつの間にかに進行しているといったことも珍しくありません。したがって、日頃のケアが非常に大切になってきます。

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事