ボディカル浦和ブログ

足関節捻挫膝・足の痛み

1

足関節捻挫の症状とは

捻挫は関節運動が制御ができず強制されることで生じる関節包や靭帯の損傷です

特に内返しで足関節の外側に起こりやすく、外側の靭帯の中でも前距腓靭帯と呼ばれる部位の損傷が多いです

症状としては痛み(動作痛・圧痛)・腫脹があり、熱感を生じる。重症例では皮下出血(内出血)が起こります

2

足関節捻挫の原因とは

足関節の可動域制限があると運動時に伸張ストレスが加わりやすくなります

特に、足関節を真っすぐ寝かせて真っすぐ起こす動きが出来ずに、内返しと外返しの動きに偏ると損傷するリスクが高まります

また、足関節の背屈制限があると骨性の安定性が得られなくなり、骨以外の筋肉などの組織に安定を頼るため不安定になります

この状態で、若年層ではスポーツ競技におけるストップ&ゴーの動き、高齢者では段差の踏み外しのような場面で捻挫が起こりやすくなります

捻挫の損傷により足部の感覚(自分が今どこで何をしているか)が低下し、繰り返しやすくなるため、何度も捻挫を経験している方は運動療法により足部の筋肉・骨と共に感覚も高めて安定性を得る必要があります

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事