ボディカル浦和ブログ

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)肘・手関節の痛み

1

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の症状とは?

上腕骨外側上顆炎とは肘の外側に痛みが現れる疾患です。
テニス選手に多い症例であったため、テニス肘と呼ばれることもあります。
スポーツ選手以外では主婦の方に多く症例が見られます。
日常生活では、ものを掴んで持ち上げたり、雑巾を絞るといった動作時に肘の外側に痛みが生じます。
筋肉を使用しない安静時には痛みが生じないことが多いです。
代表的な検査としてはThomsen(トムソン)テストがあり、肘を延ばした状態で抵抗に逆らって手首を反らしてもらい、肘の外側に痛みがあると上腕骨外側上顆炎が疑われます。

2

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の原因

この症状では上腕骨の外側上顆と呼ばれる場所に付着する、手関節・手指の伸筋群の腱に炎症が生じています。
画像ではレントゲンで異常を認めず変形性関節症とは区別されます。
加齢と共に繰り返される家事の動作で腱が摩耗して耐久性が低下し、痛むことで発症すると言われており、特に前腕伸筋群の筋緊張が強く伸張性が低下すると滑走が悪くなるため、重いものを持ったり、力を入れることで牽引されるストレスが増加します。
また、姿勢が悪く、猫背になると肩甲骨の位置が外へ流れることで安定性が失われ、腕に力を伝えることが難しくなり、過剰に力を入れる癖がつくことで筋緊張を高めてしまう原因となります。

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事