ボディカル浦和ブログ

椎間関節性腰痛腰の痛み

1

椎間関節性腰痛とはどんな症状?

脊柱(背骨)は椎骨と呼ばれる骨ひとつひとつが積み木のように積み重なって構成され、椎骨と椎骨の間にある関節のことを椎間関節と呼びます。
この関節に微細損傷が生じることで炎症が起き、変性へと進行する過程で発症する腰痛が椎間関節性腰痛です。
椎間関節は椎骨の後方に位置しており、腰部では、その関節面が垂直になっているため、頚部や胸部と比較して回る動きが制限されています。

この関節位置と関節面の構造的特徴から反る・回るという負荷が積み重なることで損傷が生じやすくなります。したがって、反った状態で回る動きを加えたときに痛みが生じた場合(kempテスト陽性)、椎間関節性腰痛が疑われます。

2

椎間関節性腰痛の原因

脊柱の滑らかな動きは椎骨ひとつひとつの小さな動きが重なることで作られます。
長時間の同姿勢などにより脊柱が固まると、ひとつひとつの動きは失われ、脊柱全体としては粗大な動きになります。
例えば後屈した際に、きれいな曲線を描くことが出来ず、「く」の字のように折れた線を描くようになります。
脊柱の腰部はもともと緩やかに反っている構造をしており、胸部は逆に緩やかに曲がっています。
胸部が猫背などで固まり反ることが苦しくなると、もともと反りやすい腰部はさらに反ることになり、一部の関節面に負担が繰り返し集中した結果、微細な損傷が起こることになります。
そのほかにも、以下の要因は同様の理由で椎間関節性腰痛の発症リスクを高めることになります。

・身体を反らせる際に骨盤を後ろに傾けるのを妨げる、大腿~腹部前面の固さ
・椎骨一つ一つを滑らかに動かすために安定させるべき周囲の体幹の不安定さ
・歩行時など足を後ろにおくる動きを腰を反る動きで代償するような身体制御の誤り

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事