ボディカル浦和ブログ

足底筋膜炎膝・足の痛み

1

足底腱膜炎の症状とは?

足底腱膜は、筋膜が肥厚してできた頑丈な組織で足裏の表層を縦に走っています。
足のアーチの支持に重要であり、衝撃を吸収するばねのような役割を果たします。
特に踵の付着部に炎症が起こりやすく、起床時の第一歩で踵内側に生じる疼痛が特徴的です。
歩くうちに徐々に軽快することもありますが、翌日の起床時にまた痛むといったケースが多くみられます。

2

足底腱膜炎の原因

偏平足やハイアーチのように正常な骨の位置関係を保てなくなると衝撃の吸収力や推進力といった足部の機能を筋や筋膜で代償することになり、腱膜へのストレスが高まります。
また、足関節の背屈制限があると下腿を前に倒す動きが減るため代償的に足のアーチを下げることになり、足底腱膜の
伸張ストレスが増し、後方重心になることで踵への圧縮ストレスが高まるので痛みを誘発しやすくなります。
さらに臀部の働きが低下し、股関節が不安定になると地面を蹴る動作を足部が代償することになり、反復される足部の底屈運動が足底のストレスを高めます。

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事