ボディカル浦和ブログ

坐骨神経痛腰の痛み

1

坐骨神経痛とはどんな症状?

坐骨神経痛とは、坐骨神経の走行に沿ってお尻から脚にかけて起こる神経痛です。
疾患名(病気の名前)ではなく、その病気が引き起こす症状(身体に起きた変化・状態)であり、代表的な疾患としては腰部におきる椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、何らかの原因により神経が圧迫された結果、症状として現れます。
そのほかにも糖尿病や閉塞性動脈硬化症などの症状としても出現するため、まずはこういった疾患に伴った症状ではないことを確認します。

2

坐骨神経痛の原因

ヘルニアや狭窄症の場合は、椎骨(背骨の1つ1つ)や椎間板によって神経が圧迫されて症状がでています。
他にも梨状筋症候群など筋肉によって圧迫されるケースがあります。
また、最近では運動不足や姿勢不良などで筋肉や神経など組織間をつなぐ結合部位が癒着して滑走が悪くなり神経が牽引されることで痛みがでることも報告されています。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など画像や検査などではっきり診断できる特異的な疾患ではなければ、筋肉の緊張による圧迫や、組織間の癒着による牽引された痛みの可能性がありますので、該当の筋肉を緩めたり、癒着を剥がして(いわゆる筋膜リリース)、症状が消失または大きく軽減した場合は、このような原因だったと推測します。

ボディカル浦和とは

予約1年待ちの『さかい保険整骨院』にて、全国から訪れる「手術しかない」「どこにいっても治らない」といった難治性(重症)方を数多く担当した院長・松田を中心に、厚生労働省認定の柔道整復師がみなさまのカラダのお悩みにお応えする、浦和駅徒歩3分の整骨院です。

■ 院名 ボディカル浦和

■ 所在地〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町25-5-1
バティマE5階

■ TEL048-755-9355

アクセスMAP ▶

メール ▶

ホームページはこちら ▶

最新の記事